2010 Africa Day Symposium

26 May 2010 U-Thant International Conference Hall
Available in: English 日本語 FRANÇAIS
Event: 2010 Africa Day Symposium
Theme: “Environment: Challenges for Africa, the Role of Japan”
Date: 26 May 2009 (Wed.), 2:00 – 5:30 PM
Venue: U Thant International Conference Hall, UN University Headquarters, Tokyo
Co-organizers: United Nations University (UN University) and the African Diplomatic Corps (ADC)


  • This year, the annual Africa Day Symposium will explore how the African continent and its development partners can address current environmental challenges — especially, the critical issues concerning climate change in Africa. Set against the backdrop of the 15th Conference of the Parties to the United Nations Framework Convention on Climate Change (COP 15, held in December 2009 in Copenhagen), and convened as preparations are in full swing for COP 16, the theme of this year’s Africa Day Symposium is most timely and fitting.

  • The symposium will provide a platform for views on how Africa and Japan can continue to work together. Among other topics, it will examine the Hatoyama Initiative (which incorporates a $15-billion support package to help developing countries deal with climate change) and how African countries might benefit. Prominent speakers, including representatives from governments, international organizations, academia and others, will share their insights and enrich the debate on climate change, biodiversity and other environmental issues that are critical not just to Africa’s future, but to that of the entire planet.

  • The symposium will feature keynote speeches by Chinami Nishimura, Parliamentary Vice-Minister for Foreign Affairs; Kenzo Oshima, Senior Vice President, Japan International Cooperation Agency (JICA); and Wangari Maathai, founder of the Green Belt Movement (via a video message).

  • These will be followed by a panel discussion chaired by Kazuhiko Takeuchi, Vice-Rector of UNU. Panellists will include Mounkaila Goumandakoye, Director & Regional Representative, Regional Office for Africa, United Nations Environment Programme; Akira Yamada, Deputy Director General, International Cooperation Bureau, Japan Ministry of Foreign Affairs; and Mohamed Ahmed Tawfic, Director, Environmental Impact Assessment Unit, Suez Canal University (Egypt).

  • Simultaneous English–French–Japanese interpretation will be provided.

  • The annual Africa Day Symposiums reflect the long-standing collaboration between the UN University and ADC to explore critical issues of African development. Since 2000, the series has sought to contribute to a broad understanding of the problems and immense potential of the African continent. A full programme and more information on this and previous Africa Day Symposiums at the UN University in Tokyo are available online at http://www.unu.edu/africa/africaday/.

Media representatives are cordially invited to attend. To reserve a media space at the 2010 Africa Day Symposium, please contact Naoko Tochibayashi Yano, UNU Office of Communications (tel: 03-5467-1311; e-mail: media@unu.edu).


国連大学
メディア・アドバイザリー
2010年5月17日
MR/J11/10

2010年アフリカ・デー・シンポジウムを5月26日に開催
イベント: 2010年アフリカ・デー・シンポジウム
テーマ: 「環境:アフリカの挑戦、日本の役割」
日 時: 2010年5月26日(水)午後2時~午後5時30分
場 所: 国連大学本部(東京) ウ・タント国際会議場
主 催: 国連大学(UNU)、在京アフリカ外交団(ADC)

  • 今年のアフリカ・デー・シンポジウムでは、アフリカとその開発協力パートナーが、
    現在の環境問題――とくに、アフリカの気候変動に関する重要課題にどのように
    取り組めばよいかを考える。第15回国連気候変動枠組み条約締約国会議(COP15、
    2009年12月にコペンハーゲンで開催)の結果を受け、COP16に向けた準備が本格化する
    中で開かれる今年のアフリカ・デー・シンポジウムは、この時期にふさわしいテーマを
    取り上げている。

  • 本シンポジウムでは、アフリカと日本が今後も協力を続けていくための方法について
    意見交換を行う。とくに、鳩山イニシアティブ(途上国の気候変動への対応策を支援する
    ための150億ドルの支援パッケージもこれに含まれる)を分析し、それがアフリカ諸国に
    どのような恩恵を与えるのかを検討する。政府、国際機関、学界の代表者など、著名な
    講演者がその見識を披露し、アフリカの将来だけでなく地球全体の将来にとっても重要な
    候変動や生物多様性などの環境問題について、充実した討議を行う予定である。

  • 本シンポジウムの基調講演者は、西村智奈美氏(外務大臣政務官)、大島賢三氏(国際協力
    機構(JICA)副理事長)、ワンガリ・マータイ氏(グリーンベルト運動創設者、ビデオメッ
    セージによる参加)を予定している。

  • シンポジウム終了後、国連大学副学長の武内和彦氏の司会でパネルディスカッションを行う。
    パネリストとしては、マンカイラ・ゴーマンダコエ氏(国連環境計画アフリカ地域事務所所長
    兼地域代表)、山田彰氏(外務省国際協力局参事官)、モハメド・アーメド・タウフィック氏
    (エジプト、スエズ運河大学環境影響評価部長)の参加が予定されている。

  • 英・仏・日の同時通訳あり。

  • 毎年開催されているアフリカ・デー・シンポジウムは、国連大学と在京アフリカ外交団との
    長年の協力を反映し、アフリカの開発という重要な問題について検討を行うものである。
    2000年から始まった本シリーズは、アフリカ大陸の持つ問題や計り知れない可能性を幅広く
    理解するうえでも役立っている。今回および過去に東京の国連大学で開催されたアフリカ・
    デー・シンポジウムのプログラムや詳細については http://www.unu.edu/africa/africaday/
    参照のこと。


本シンポジウムの取材を希望される方は、国連大学広報部の谷野(やの)までご連絡ください。    
電話:03-5467-1311、Eメール:media@unu.edu