Post-Earthquake Rebuilding Support Symposium

22 May 2011 U Thant Hall
(13:30-17:00)

5月22日(日)にシンポジウム 『震災復興に向けて―国連生物多様性の10年と国際森林年を踏まえて―』を国連大学にて開催いたしました。
約450名のご来場、誠にありがとうございました。
当日ご参加いただけなかった皆様には大変申し訳ございませんでした。
また当日は機器トラブルのため、インターネット中継が英語音声のみの配信となってしまいましたことを深くお詫び申し上げます。
日本語の音声は5月31日(火)より配信可能となります。 
ご迷惑をおかけして大変申し訳ございませんでした。 


「日本語での説明は英語の説明の下にございます。」

-------------------------------------------------------------------------------------------

The massive earthquake and tsunami which hit Northeastern Japan devastated much of the fisheries and agricultural industries in the region, and consequently the livelihoods of many of the people living there. This symposium will address ways to rebuild while exploring the possibility to do so with environmentally friendly sustainable policies.

Mr. Shigeatsu Hatakeyama, the founder of the NPO “Kaki no Mori wo Shitau Kai (NPO Mori wa Umi no Koibito)", (The forest is longing for the sea, the sea is longing for the forest), has firsthand experience as a practitioner in both industries and is also a survivor of the disaster. He will give a talk addressing the important but often overlooked link between the forest and the sea, human habitats, biodiversity, and the revival of agricultural forestry industries and fisheries.

His talk will be followed by presentations and a panel discussion consisting of specialists and policymakers who will address proposals to support the people of the affected regions.

Presentation Title: “Post-Earthquake Rebuilding: The link between forest and sea”

Speaker: Shigeatsu Hatakeyama (Founder, “Mori wa Umi no Koibito”; Professor of Field Studies and Practical Learning, Kyoto University)

Panel Discussion

Facilitator: Kazuhiko Takeuchi (Vice-Rector, United Nations University; Director, Japanese Institute of Landscape Architecture)

Panelists: Shigeatsu Hatakeyama (Founder, “Mori wa Umi no Koibito”; Professor of Field Studies and Practical Learning, Kyoto University)
Srikantha Herath (Academic Programme Officer, United Nations University Institute for Sustainability and Peace)
Masaru Tanaka (Professor Emeritus, Kyoto University)
Hiroyuki Suematsu (Director General, Forest Policy Planning Department, Forestry Agency)
Osamu Hashimoto (Director General, Fisheries Infrastructure Department, Fisheries Agency)
Tsunao Watanabe (Director General, Nature Conservation Bureau, Ministry of the Environment)


震災復興に向けて~がんばろう東北!
震災復興支援シンポジウム
-国連生物多様性の10年と国際森林年を踏まえて-
【開催のお知らせ】

 今回の震災・津波で大きな被害を受けられた東北地方の方々に心からお見舞い申し上げます。
    不屈の精神で既に復興に向けた歩みを進められている東北地方の方々を応援するために、 本シンポジウムを開催します。
 気仙沼で森と海の連環に取り組んでこられているNPO法人「牡蠣の森を慕う会(NPO法人森は海の恋人)」の畠山さんもその一人です。
 畠山さんをお招きして、森・里・海の連環、森づくりの循環、生物多様性、農林漁業の振興など多様な観点から震災復興と地域の再生を議論します。
■開催概要
日時 : 平成23年5月22日 (日)(国際生物多様性の日)
13:30~17:00
場所 : 国連大学ウ・タント国際会議場
主催 : 国連大学(UNU-ISP)、農林水産省、環境省
共催 : (社)国土緑化推進機構、美しい森林(もり)づくり全国推進会議、日本造園学会、NPO法人
国際自然大学校、東京農業大学、公益財団法人国連大学協力会、
東京大学サステイナビリティ学連携研究機構、地球環境パートナーシッププラザ(GEOC)ほか
協力 : 公益財団法人東京財団、国際森林年国内委員会事務局、新日本製鐵㈱、(株)ローソン ほか
対象 : テーマに関心があり震災で被害を受けた東北地方の方々を支援したいと思う方ならどなたでも
内容 : ○基調講演
演題:震災復興に向けて~森と海の連環~
講師:畠山 重篤氏(NPO法人 「森は海の恋人」代表、京都大学社会連携教授)

○パネルディスカッション
コーディネーター : 武内 和彦(国連大学副学長、日本造園学会会長)
パネリスト : 畠山 重篤(NPO法人「森は海の恋人」代表、京都大学社会連携教授)
スリカンタ・へラート(国連大学)、
田中 克(京都大学名誉教授)
末松 広行(林野庁林政部長)、
橋本 牧(水産庁漁港漁場整備部長)
渡邉 綱男(環境省自然環境局長)